信用取引を始めるにあたって知っておきたいこと

信用取引を行うメリットとは

信用取引とは、自分が持っている資金以上の株式取引を行うことです。そのためには、自分の資金や株式を担保として、証券会社に預ける必要があります。信用取引には、様々なメリットや利点があります。まず第一に、預けた担保の約3倍もの取引を行うことが可能になります。つまり、運用が上手くいくと、大きな利益を上げることができるということです。次に、現物取引とは異なり、同じ銘柄を一日に何度も取引することが可能ということもメリットの一つです。更に、空売りにより、株価が下落した時に利益を出すことができます。これは、株価が高いときに証券会社から株を借りて売ることを言います。株価が下がったら買戻し、その差額を利益として得るというものです。

注意点をよく理解しておきましょう

前述のように、運用が上手くいけば大きな利益を得ることができるという点で人気の高い信用取引ですが、始めるにあたって知っておくべき注意点も存在します。まず、基本的に資金については「借りたものである」ということを頭に入れておく必要があります。信用取引では、基本的には資金清算の期限(6か月以内)があります。無期限信用取引というものもありますが、その場合でも毎日金利が発生しているということを忘れてはいけません。また、株価が急激に下がった場合、追い証が必要になるケースがあります。追い証とは、追加の担保が必要となることを言います。大きな損失を抱えた場合には、追加の担保を用意しなくてはなりません。これらのリスクを理解したうえで運用しないと、破産につながる恐れもあります。