信用取引で広がる投資の幅

信用売りという投資手法

株式取引といえば、有望そうな株式を買って、株価が上がったときに売って利益を出したり、業績の安定している企業の株式を買って配当を得たりするものです。そのため、景気が悪く、株価が下がっているときは、利益を出しづらいです。
しかし、信用取引という手法を使えば、株式を売ることから入って、下げ相場でも利益を出すことができます。
信用取引の売りで利益を出す手順はこうです。
まず、証券会社から株式を借りて、それを売ってお金を得ます。
次に、その株式の価格が下がったときに買い戻して、証券会社に返します。
そのときに、手もとにお金が残っていれば、それが利益です。
悪いニュースで、手持ちの現物株の価格が下がりそうなときに、信用売りをすることによって、値下がりリスクを回避することもできます。

信用取引のルールを知ろう

いろいろと便利な信用取引ですが、いくつかルールがあります。
まず、取引を行うためには、証券会社に信用口座を開設する必要があります。開設にあたっては、証券会社によって独自の条件があったりしますので、ご注意ください。
それから、証拠金という、自分を信用してもらうための資金とでも言うべきものを入金しなければなりません。この証拠金の額は、取引したい額に応じて変わります。
もちろん、取引にあたっては、手数料がかかります。それとは別に、株式を借りるための、レンタル料を払わなければなりません。
さらに、制度信用という取引を利用すると、逆日歩というものが発生するおそれがあるので、注意が必要です。
いろいろなルールがありますが、うまく利用すれば、より大きな利益を出すことができますので、信用取引に取り組んでみてはいかがでしょうか。

持っている現金以上に取引が出来る信用取引の金利には、毎日利息が発生しており持ち続けると銘柄によって利息を支払います。